ストーブ

コールマンストーブ赤火の原因と解消事例|2レバー508編

コールマン508

上の写真はコールマン508ストーブ、とろ火ができる2レバータイプ。

不完全燃焼とバーナーボウルからの燃料漏れ修理のご依頼品です。

ジェネレーターメンテナンスとバーナーボウル内の耐熱綿交換で、ご依頼いただいた作業は完了しました。

ご依頼いただいた修理は完了したものの、外観がとても綺麗なだけに個人的に気になる部分がありました。

以下の動画をご覧いただくとわかりますが、ポッポッと出る赤火です。

ストーブの赤火の原因は様々ですが、バーナー周りに付着した不純物やバーナーリングの錆が原因であることも多いです。

ガスが当たって剥がれた不純物や錆が燃える際に、いわゆる赤火になります。

赤火の原因にはこのほか、ジェネレーターの詰まりや混合気の濃さなどが関係しますが、今回はバーナーボウルの汚れ落としとバーナーリングの錆落としで解決した事例をご紹介します。

クリーニング前の状態

ショップでお預かりした時には、バーナーボウルとバーナーリングは以下のような状態でした。

バーナーボウル

バーナーリング

バーナーボウル、バーナーリングともにガム状の粘着物が固着しており、赤ガス(自動車用ガソリン)等ホワイトガソリン以外の燃料を使用したものと推測できます。

バーナーボウルやバーナーリングにガム状の粘着物が完全に固着してしまうと、除去するのが困難になります。

赤火が直接ストーブに悪影響を与えるわけでもないのですが、オーナー様にバーナーボウルとバーナーリングのクリーニングをご提案させていただきました。

 

クリーニング後の状態

ストーブ部品の洗浄には、汚れに合った薬剤を使うのがおすすめです。

金属ブラシなどで必要以上にこすってしまうと、取り返しのつかないキズが残る結果になります。

今回のように赤ガスに含まれる成分がガム状に固着した汚れには、花咲かG マルチクリーナーなどがおすすめできます。

花咲かG マルチクリーナー 00011769

花咲かG マルチクリーナー 00011769

1,957円(09/22 03:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

今回は洗浄液に一晩漬けてから汚れの除去作業をしました。

以下の写真が、クリーニング後のバーナーボウルと燃焼状態です。

クリーニング後のバーナーボウル

クリーニング後のバーナーボウル

 

ビフォーアフター

ビフォーアフター

オールドコールマンに耐熱塗装という方法は、個体の歴史が失われると管理人は考えます。

なので、今回もバーナーボウルは丁寧に汚れを除去するのみに留めています。

耐熱塗装を吹いてしまえば、見栄えは良くなるかもしれませんが、使われて少々ヤレたぐらいの感じが個人的には魅力を感じます。

オリジナルにも耐熱塗装は使われていますので、耐熱塗装を吹くのが邪道というわけではありません。

以下、バーナーボウルとバーナーリングクリーニング後の燃焼動画になります。

冒頭でご覧いただいたクリーニング前の燃焼動画と比べていただくと、赤火が出なくなっているのがわかるかと思います。

調子の悪いストーブ等ありましたら、ご相談いただければと思います。

-ストーブ
-