ストーブ

コールマン2レバーストーブジェネレーターのグラファイトパッキン交換

コールマン400

火力の微調整ができるストーブとして絶大な人気を誇る、コールマン400ピークワンストーブ。

トロ火ができる秘密は2レバー式のジェネレーターです。

ただ、この2レバー式のジェネレーター、いつかは交換が必要になる消耗部品。

508-5891、400-5891、508-589Cが400系に適合しますが、現在入手困難なビンテージ部品のひとつです。

ヤフオク等では、中古品ですら1万円以上の価格で取引されていたりします。

新品になると2万円を超える価格になることもしばしば・・・。

そこそこの状態の中古ストーブが買えてしまう金額です。

そんな貴重なジェネレーターなので、できる限り寿命を延ばす策として、黒レバー部のグラファイトパッキンを交換するという方法があります。

しかし、この黒レバー部のグラファイトパッキン交換は細かい作業が必要で、適切な手順を踏まないとジェネレーターそのものを壊してしまうリスクもあります。

モデル400や400A、576のグラファイトパッキン交換はショップでもお請けしていますが、ご自身でやってみたいというご相談も多いです。

ショップでグラファイトパッキン交換マニュアルも販売していますので、ご検討いただければと思います。

今回はショップにご依頼いただいた、コールマン400ピークワン2レバーストーブジェネレーターのグラファイトパッキン交換についてのお話です。

保護中: コールマン2レバージェネレーターの再生|グラファイトパッキン交換マニュアル

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

グラファイトパッキンの摩耗限界

上の写真左がグラファイトパッキンの交換前、右が交換後です。

六角ナットの締め込み部の変化にお気づきでしょうか。

グラファイトパッキンは鉛筆の芯のような素材でできており、黒レバーを動かすたびに少しずつ摩耗していきます。

ストーブの使用中に黒レバーと六角ナットの隙間から燃料がにじむようになったら、燃料漏れが止まるまで様子を見ながら少しずつ六角ナットを締めこんでいきます。

にじみ出た燃料に引火して「ポッポッ」と小さな炎が上がることもあります。

六角ナットは都度、必要最小限の締め込みにとどめることで、グラファイトパッキンの寿命を延ばすことができます。

締めこめば締めこむほど、六角ナットの締め込みしろの残りが少なくなっていくわけです。

しかし、そもそもオリジナルの新品部品に十分な締め込みしろが設定されておらず、2レバー用ジェネレーターそのものの交換を前提で作られた部品だと思われます。

なので、コールマン2レバータイプのストーブを持つということは、予備の2レバー用ジェネレーターを確保しておくか、グラファイトパッキンの交換等で何とか対応していくことになります。

 

グラファイトパッキンの交換作業

グラファイトパッキンの交換

上の写真はコールマン400ピークワンストーブ2レバー用ジェネレーターを分解したものです。

赤丸で囲んだ部分にグラファイトパッキンを挿入します。

挿入しますとはいっても、この部分に入るグラファイトパッキンは部品としては流通しておらず、グラファイトテープやリボンを巻き付けて成型します。

グラファイト素材を挿入してナットを締め込み、またグラファイト素材を追加挿入してナットを締めこむ・・・。

こんな作業を何回か繰り返してグラファイトパッキンとして用を足すよう成型していきます。

つまり、ものすごく面倒で手のかかる作業なんです。

探せば小径バルブステム用の成型済みグラファイトパッキンがあるかもしれませんが、縦にカットして抱き合わせる等の手間を考えると、グラファイトテープやリボンのほうが作業効率がよさそうです。

 

グラファイトパッキン交換後の燃焼状態

ショップにご依頼いただいた際には赤火も出るとのことでしたので、バーナーリング、ジェネレーター内部のクリーニングも行いました。

ストーブの赤火の原因はバーナーリングの錆であったり、ジェネレーター内部のつまりであったり様々ですが、ひとつひとつあたっていくしかないですね。

タンクへの燃料の入れすぎでも赤火になったりすることがあります。

 

グラファイトパッキンの交換費用

コールマン400シリーズの2レバーストーブ用ジェネレーター、508-5891、400-5891、カナダ版の508-589Cいずれも2020年8月現在、新品価格は20,000円弱が相場です。

ヤフオクやメルカリなどでたまに中古品が出ることもありますが、10,000円前後と結構いい値段で取引されています。

2レバーストーブ用ジェネレーターのグラファイトパッキン交換作業を請けるショップはいくつかありますが、工賃はおよそ5,000円ほど。

管理人の運営するショップでもお請けしていますので、お気軽にご相談ください。

コールマン2レバータイプストーブを使い続けるのであれば、新品や中古のジェネレーター入手だけではなく、グラファイトパッキン交換によるジェネレーター延命も考えてみるといいんじゃないかと思います。

ご自身での作業をお考えの方には、グラファイトパッキン交換マニュアルもご用意しています。

保護中: コールマン2レバージェネレーターの再生|グラファイトパッキン交換マニュアル

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

-ストーブ
-

© 2021 Outdoor Fan