ストーブ ランタン

コールマンが燃焼しない!フューエルチューブの構造と不具合の原因

フューエルチューブの構造

不具合の症状

  • ジェネレーターからシューシュー音はするけど燃焼しない。
  • 着火するけど、いつまで経っても火だるまのまま。
  • 燃焼はするけど、いくらポンピングしても火力が弱い。

これら上記の症状はショップにお問い合わせいただく、ランタンやストーブの動作不良ランキングトップ3です。

うまく燃焼しないランタンやストーブでお困りの方は、読み進めてみてください。

フューエルチューブの構造がわかれば、原因の特定は意外と簡単だったりします。

フューエルチューブの外観

フューエルチューブ

上の写真はコールマン222、ピークワンランタンのフューエルチューブ。

レストア前の中古ランタンから取り外したものです。

コールマンランタンやストーブのフューエルチューブは、同じ品番でも製造年代によって微妙に形が変わったりします。

下の写真はモデル502ストーブのフューエルチューブ。

502ストーブのバルブアセンブリー

エアーインテークの穴が、モデル222のフューエルチューブと異なる位置にあるのがわかるでしょうか。

モデルが違ってもエアー取り込み口の位置や数が変わるだけで、フューエルチューブの基本構造は同じです。

フューエルチューブの外観を下の図にまとめてみました。

フューエルチューブ

 

フューエルチューブの構造

フューエルチューブの構造
フューエルチューブは細い管と太い管の二重構造になっています。

細い管と太い管には絶妙な隙間があり、ジェネレーターへ適切な燃料と空気を送る役目を担っているのです。

フューエルチューブの構造

 

フューエルチューブは簡単に分解清掃できるようには作られていませんが、必要に応じて下の写真のように分解することは可能です。

フューエルチューブ

 

フューエルチューブ不良で生じる症状

フューエルチューブ不良

フューエルチューブが原因で発生する問題の多くは、以下の3通りのいずれかに当てはまるかと思います。

不具合の症状

  • ジェネレーターからシューシュー音はするけど燃焼しない。
  • 着火するけど、いつまで経っても火だるまのまま。
  • 燃焼はするけど、いくらポンピングしても火力が弱い。

 

ジェネレーターからシューシュー音はするけど燃焼しない

 

フューエルチューブ不良

ランタンやストーブを中古で入手する際、ポンピング圧がかかるか、ジェネレーターからエアーの吐出音が聞こえるかの確認をするかと思います。

実は、ジェネレーターからエアーの吐出音が聞こえても、正常に点火できると判断するのは早計です。

アウターチューブの燃料吸い込み口がふさがっていても、エアーインテークから空気を吸い込みますので、ジェネレーターからシューシューと吐出音は聞こえるのです。

 

着火するけど、いつまで経っても火だるまのまま

 

火だるま

点火した!やったぁ!

と喜ぶのもつかの間、せっかくのビンテージ品が火だるまになり、真っ黒こげなんてことも・・・。

フューエルチューブのエアーインテークがふさがることはまずありませんが、インナーチューブとアウターチューブの隙間が詰まることはよくあります。

インナーチューブとアウターチューブの隙間が詰まると、ジェネレーターに適切な量の空気が送られないため、酸素不足で赤火になるのです。

何をやっても解決しない赤火が、フューエルチューブのクリーニングで直るケースはとても多いです。

 

燃焼はするけど、いくらポンピングしても火力が弱い

 

火力が弱い

とりあえず着火はするんだけどなぁ・・・。

ランタンやストーブに火は入るものの、いくらポンピングしても火力が上がらない場合は、フューエルチューブのインナーチューブ内部、もしくはアウターチューブの燃料吸い込み口が詰まっている可能性が大です。

燃料に含まれる不純物や緑青等、堆積物が燃料の通り道をふさいでいるため、適切な燃料が上がってこないために火力が上がらなくなります。

 

フューエルチューブ不良の修理

 

フューエルチューブ不良の修理

フューエルチューブ不良による不具合の多くは、フューエルチューブのクリーニングで直ります。

ただ、前述したようにフューエルチューブは簡単に分解できない作りになっています。

多くの場合、パーツクリーナー、エアーダスター、クリーニングワイヤー等を使うことで、分解せずにクリーニングできます。

フューエルチューブのクリーニングは以下の順に作業を進めてみてください。

 

パーツクリーナーを吹く、漬け込む

上の動画にあるように、エアーインテークからパーツクリーナーを吹いたとき、ジェネレーター側と燃料吸い込み口からパーツクリーナーが勢いよく噴き出せば正常です。

いずれかの穴からの噴出が弱ければ、フューエルチューブをパーツクリーナーに一昼夜ほど漬け込むと、汚れが溶け出し本来の機能を取り戻すことも多いです。

二重管の隙間にたまった汚れを排出するイメージでクリーニングします。

 

エアーダスターで汚れを吹き飛ばす

エアーダスターで汚れを吹き飛ばす

汚れや堆積物がそれほどひどくない場合には、エアーダスターを使うだけで詰まりが取れることもあります。

上記のパーツクリーナーを使ったクリーニング後の仕上げにも、エアーダスターで残留パーツクリーナーを吹き飛ばすと完璧です。

写真のようにジェネレーター側、燃料吸い込み口、エアーインテークの三方向からエアーダスターを吹きます。

エアーダスター

エアーダスター

 

クリーニングワイヤーを通す

フューエルチューブ

パーツクリーナーやエアーダスターを使っても取れない固着がひどい汚れや堆積物は、機械的に洗浄するしかありません。

チューブ内径に合わせた専用のクリーニングワイヤーを使うのがベストですが、下の写真のようにワイヤーブラシなどで代用することもできます。

ワイヤーブラシ

おすすめはガス器具のノズルなどを掃除する専用の掃除針です。

よくお問い合わせいただくコールマン222のメンテナンスがメインなのであれば、穴径0.2mmと0.4mmの2つが揃ったセットがおすすめです。

クリーニングワイヤーを使ったフューエルチューブの洗浄については、以下の記事で詳しくご紹介しています。

フューエルチューブ
コールマン222ピークワンランタンのフューエルチューブの詰まり修理

上の写真はコールマン222Bに取り付けられていたフューエルチューブ。 品番222-1461の部品で、正式には「Fuel and Air Tube」と呼びます。 なかなか単体では出てこない希少な廃盤部品 ...

続きを見る

 

フューエルチューブを分解して清掃する

上の写真はモデル500のフューエルチューブを分解したもの。

アウターチューブのカシメを細いマイナスドライバーなどではがして分解します。

インナーチューブはねじ込み式になっています。

フューエルチューブによってはアウターチューブがロウ付けされているものもあり、簡単に分解できないものもあります。

クリーニング後の処理についてはカシメて戻すのが難しい場合、ロウ付けやはんだ付け、耐熱ボンド等を使用します。

耐熱ボンドでの処理については、以下の記事をご覧になってみてください。

フューエルチューブ
コールマン500フューエルチューブ二重管の構造

上の写真はコールマン500のフューエルバルブアセンブリー。 パーツナンバーは500-6571になります。 修理後のフューエルチューブを取り付けるところです。 今回はフューエルチューブ二重管の構造につい ...

続きを見る

 

動作を確認する

フューエルチューブ

上の写真は耐熱ボンドでアウターチューブを元に戻したフューエルチューブです。

見栄えは悪いですが、インナーチューブがきちんとネジ部にねじ込まれていて、エアーインテークがふさがっていなければ問題なく機能します。

フューエルチューブが高温にさらされることはありませんが、使うのであればエポキシ系の耐熱ボンドをお勧めします。

J-B Weld (ジェービーウェルド) エポキシ接着剤

J-B Weld (ジェービーウェルド) エポキシ接着剤

1,012円(12/02 04:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

フューエルチューブが正常に機能するかは、パーツクリーナーを使って確認できます。

以下の動画を参考にしてみてください。

-ストーブ, ランタン
-,