ランタン

コールマン222ピークワンランタンのフューエルチューブの詰まり修理

フューエルチューブ

上の写真はコールマン222Bに取り付けられていたフューエルチューブ。

品番222-1461の部品で、正式には「Fuel and Air Tube」と呼びます。

なかなか単体では出てこない希少な廃盤部品です。

この部品が結構曲者で、古い個体の動作不良の多くがこのフューエルチューブの詰まりによるものです。

今回はコールマン222など、ピークワンランタンのフューエルチューブの詰まり修理をご紹介します。

ご紹介する修理方法は一例であって、すべての個体に当てはまるとは限りません。

フューエルチューブ修理品の状態

今回ショップに送られてきたのは、お客様がお父様から譲り受けたという222B。

ジェネレーターを新品に交換しても燃料が吐出されないという症状。

そもそもジェネレーターをはずした状態でバルブを開けても、燃料が上がってこないということでした。

しばらく使っていないピークワンランタンのフューエルチューブが詰まりを起こすことはよくあります。

フューエルチューブの詰まり解消にはパーツクリーナーが有効と、メンテナンスブログ等ではよく紹介されています。

このお客様もフューエルチューブのパーツクリーナー漬け置きを試したようですが、詰まり解消にはいたらずショップに修理のご依頼をされました。

 

パーツクリーナーで詰まりをチェックする

送られてきたフューエルチューブの燃料吸い込み口は、下の写真のように何も問題なさそうに見えます。

フューエルチューブ

フューエルチューブは「Fuel and Air Tube」という部品名の通り、燃料を吸い込む菅とエアーを吸い込む菅の二重構造になっています。

詰まりが起こるのは、燃料を吸い込む菅の内部、または燃料を吸い込む菅とエアーを吸い込む菅の隙間です。

緑青や残留燃料の不純物が、詰まりを起こす主な原因であることがほとんどです。

燃料を吸い込む菅とエアーを吸い込む菅の隙間が詰まっているかどうかは、フューエルチューブの上下どちらからでもいいので、パーツクリーナーを吹いてやるとわかります。

下の写真の赤丸で囲った穴からパーツクリーナーが噴き出せばOK。

フューエルチューブ

もしも赤丸で囲った穴からパーツクリーナーが噴き出さなければ、燃料を吸い込む菅とエアーを吸い込む菅の隙間が詰まっています。

3~4日ほどパーツクリーナーかホワイトガソリンに漬けておくと、詰まりが解消されることが多いです。

パーツクリーナーかホワイトガソリンに漬けこんでもダメな時は、フューエルチューブ先端部品のロウ付けを溶かして機械的に洗浄します。

 

目視で詰まりをチェックする

燃料を吸い込む菅とエアーを吸い込む菅の隙間ではなく、燃料を吸い込む菅が詰まることもよくあります。

その場合にはポンピングして圧をかけた状態でバルブを開けると、燃料は上がってこずにエアーだけが吐出されるので、すぐにわかります。

管理人のような老眼にはやや厳しいですが、目の良い方なら下の写真のようにフューエルチューブをバルブステム側から覗いて、ピンホールが見えるかで確認することも可能です。

フューエルチューブ

今回修理のご依頼をいただいたフューエルチューブは、燃料を吸い込む菅に詰まりがありました。

2日間パーツクリーナーに漬けこんでみましたが、詰まりは取れませんでした。

この状態のフューエルチューブは、機械的に洗浄する以外に方法はありません。

 

修理に必要な道具

掃除針

上の写真はキャブレターやガスコンロ穴の清掃用のツール。

掃除針やクリーニングニードルとしてアマゾンなどで入手することが可能です。

コールマン222Bのフューエルチューブ清掃には、穴径0.2mmと0.4mmの2つが適しているでしょう。

 

必要な道具の代用品

たった1回の作業のために専用ツールを買わなくても、身近な代用品があります。

ランタン修理が仕事という人でなければ、下の写真にある身近な代用品で十分事足りるかと思います。

ワイヤーブラシ

上の写真はステンレス製のワイヤーブラシ。

真鍮製だと柔らかすぎてフューエルチューブ清掃には適さないかと思います。

SUN UP ハンディーブラシ 先曲り ステンレス

SUN UP ハンディーブラシ 先曲り ステンレス

377円(06/19 21:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

 
ワイヤーブラシそのままの状態ではツールとして使えないので、下の写真のようにペンチなどで1本を引き抜きます。

ワイヤー

引き抜いたワイヤーは、あえて完全にまっすぐに伸ばさず、適度に湾曲を残しておきます。

この湾曲がフューエルチューブ内で清掃ブラシの役目をはたしてくれるのです。

 

フューエルチューブ先端のクリーニング

フューエルチューブのクリーニング

上の写真はフューエルチューブ先端をワイヤーブラシのワイヤーでクリーニングしているところです。

約0.2mmの穴へクネクネしたワイヤーを挿入するのは難しいかもしれません。

下の写真のように、ラジオペンチなどでワイヤーの先端をつかんでやるのが作業のコツです。

ワイヤーの先端をつかむ

市販されている掃除針を使う場合には、下の写真のように逆側から挿入すると楽に清掃できます。

フューエルチューブの清掃

フューエルチューブのクリーニング

 

フューエルチューブ内部のクリーニング

フューエルチューブ先端の穴径は約0.2mmですが、内部の燃料吸い上げ菅の穴径は約0.5mmほど。

0.4mmほどの掃除針などで清掃してやるのが理想です。

100均で入手できるステンレス線で十分事足ります。

下の写真のように、フューエルチューブのバルブ側からステンレス線を挿入して、何回か往復させれば内部の詰まりが解消されるかと思います。

フューエルチューブ内部のクリーニング

 
ピークワンランタン初期の222などには、クリーニングニードルが付いたバルブアッセンブリーが装着されています。

なので、フューエルチューブの詰まりというトラブルも、後期型ならではの症状です。

古い道具の良さは、このようなところでも実感できますね。

 

コールマン222B修理品燃焼確認動画

今回お預かりした222Bの燃焼確認動画です。

点火時、トーチバーナーなどでジェネレーターを温めてやると、ランタンが火だるまにならずに済みます。

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 [HTRC 2.1]

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 [HTRC 2.1]

3,980円(06/19 09:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

調子の悪いピークワンランタンがありましたら、お気軽にご相談いただければと思います。

-ランタン
-

© 2021 Outdoor Fan