ストーブ

火だるまにならないコールマン500スピードマスター点火手順マニュアル

コールマン500スピードマスター

独特の星形八角ゴトクと力強い燃焼音に魅せられるユーザーも多いビンテージシングルバーナー、コールマン500スピードマスター。

ホエーブスとともに管理人の愛するストーブのひとつです。

コールマン500の取り扱いでよくご質問いただくのが、正しい点火方法。

特にバーナープレートの下にある点火レバーについては、使い方がわかりづらいですよね。

モデル500はプレヒート(予熱)不要のインスタントライト方式のストーブです。

しかしながら、点火初期の火柱や煤は精神衛生上あまり好ましくない向きもあるかと思います。

スピードマスターを点火直後から安定燃焼させる、スマートな点火方法を模索されているのであれば読み進めてみてください。

点火レバーの位置と役割

点火レバー

上の写真はコールマン500の点火レバー。

「BURN」と「LIGHT」は「BURN」が連続運転時、「LIGHT」が点火時のセット位置になります。

プレヒートをしない通常の方法で点火する時には「LIGHT」の位置で着火、燃焼が安定したら「BURN」の方へレバーを動かします。

点火レバーは、ちょうど200Aランタンなどの点火時1/4バルブオープンと同じような働きをします。

ただ、モデル500の点火レバーは、200Aランタンなどの1/4バルブオープンほどの効果はありません。

個体差もあると思いますが、「LIGHT」の位置にしても若干燃料が絞られる程度です。

点火レバーの効果が全くないわけではありませんが、管理人はモデル500の点火レバーは常時「BURN」側に固定したままです。

 

タンクが大きい分、燃料は十分に

モデル500のタンク

コールマン500の燃料タンクは他のシングルバーナーと比較すると、かなり大容量です。

そのため燃料が少ないとフュエルチューブから燃料が吸い上げられず、不完全燃焼を起こすことがあります。

ショップに修理依頼のあったコールマン500のなかには、単なるガス欠でうまく燃焼しなかっただけというものもありました。

大体でいいのですが、200ml程度の燃料はタンクに入れておきたいところです。

コールマン(Coleman) エコクリーン 1L 170-6759

コールマン(Coleman) エコクリーン 1L 170-6759

802円(09/21 16:59時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

ポンピングはしっかりと

タンク内の燃料の量にもよりますが、満タンで50回ほど、燃料が少なければ70回ほどはポンピングが必要です。

ヤケド防止と二度手間軽減の観点から、点火後の追加ポンピングは最小限にというのが管理人の考え方です。

点火前にしっかりポンピングしておけば、点火後せわしなくポンピングするようなことにはなりません。

ただ、これはタンクの大きなコールマン500には当てはまりますが、モデル400などタンクの小さいストーブの場合、やはり追加ポンピングが必要でしょう。

 

プレヒートの方法

コールマン500に限らず、ジェネレーターを使用するストーブやランタンの場合、あらかじめプレヒートしてやることで、大きな火柱が上がったり、ジェネレーターやグローブを煤で汚すことがなくなります。

固形燃料、アルコール、ライター、トーチバーナーなどプレヒートの方法にはいくつかあります。

コールマンのガイドブックにも、ストーブを氷点下で使用する際には固形燃料等でプレヒートするよう記載があります。

管理人は煤の出ないアルコール、またはトーチバーナーを好んで使っています。

ソト(SOTO) フィールドチャッカー ST-Y450

ソト(SOTO) フィールドチャッカー ST-Y450

2,180円(09/21 11:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

アルコールでのプレヒート

アルコールでのプレヒート

コールマン500のバーナーリングキャップには、ちょうどよいくぼみがあり、上の写真のように燃料用アルコールをくぼみが満杯になる程度に垂らします。

垂らしたアルコールに点火すると、およそ1分ほど燃焼するかと思います。

燃焼中のアルコールの炎は見えづらいですが、燃え尽きるころにコールマン500の燃料バルブを開けてやれば、下の写真のように綺麗なブルーファイアーで着火するはずです。

ブルーファイアーで着火

 

トーチバーナーでのプレヒート

トーチバーナーでのプレヒート

トーチバーナーを使ったコールマン500のプレヒートは、上の写真のようにジェネレーターの真ん中あたりを直接炙ります。

炙る時間はアルコールでのプレヒートと同じ1分ほどで十分です。

1分ほどしたらジェネレーター炙ったまま燃料バルブを開きます。

驚くほど静かにコールマン500が着火するかと思います。

アルコール、またはトーチバーナーでプレヒートした場合、点火時に燃料バルブを躊躇なく全開にして大丈夫です。

もしも大きな火柱が上がるようなときは、一旦燃料バルブを閉めて消火し、プレヒートの時間をもう少し長くしてみてください。

フィールドでも普段のメンテナンスでも管理人が愛用しているのが、フィールドチャッカーというソト(SOTO)製のトーチバーナーです。

値段も手ごろで市販のカセットガスが使えますので、色々と重宝します。

ソト(SOTO) フィールドチャッカー ST-Y450

ソト(SOTO) フィールドチャッカー ST-Y450

2,180円(09/21 11:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

スピードマスター点火手順動画

-ストーブ
-