ストーブ

パステルグリーンがオシャレなコールマン500カナダが入荷!

コールマン500カナダ

ヤフオクでふと見かけたコールマン500スピードマスターに一目ぼれしてしまい、今では仕事部屋に10台以上ある500が私の疲れを癒す必須のアイテムとなっています。

コールマン500のがっしりした作りと、独特の星形八角ゴトクなどに遊び心をくすぐられるファンは多いんじゃないでしょうか。

スタンダードな緑バージョンのスピードマスターもいいのですが、人気のあるのはクロームメッキバージョンだそうです。

初期のブラスタンク仕様のものは、傷んだ塗装を剥がして磨き上げるとゴールドバージョンになったりもします。

そしてフィールドでひときわ映えるのがパステルカラーの珍しいコールマン500です。

コールマン500

コールマン500は米国ではスピードマスター、カナダではスポーツマスターとして販売され、パステルグリーンのカナダ版は1947年の2月と3月のわずか2か月間だけ製造されたとてもレアなストーブです。

それだけになかなか手放す人が少なく、オークションなどでもめったにお目にかかれないのですが、カナダから1か月以上かけて船便で到着したのが今回のコールマン500カナダです。

フィラーキャップパッキンはさすがに使えそうもないほど硬化していたので、新品に交換しました。

ポンピングしてみるとしっかり圧がかかり、バルブを開くとジェネレーターからエアを吐く音も聞こえます。

燃料を入れて試しに点火してみることにしました。

コールマン500点火

外観から、すんなり点火するとは思っていなかったのですが、普通に着火、火力調整ができました。

コールマンおそるべしです。

ただ、燃料パイプ配管の取り回しが間違っているようで、イグナイターレバーの位置がオリジナルとは約180度ずれています。

カラーに切り込みが入っていることから、前オーナーがオリジナルアセンブルをしてしまったようです。

コールマン500

このままでも普通に使えるのですが、個人的には錆を落としたいのと、後々のことを考えるとオリジナルの燃料パイプアセンブルに戻しておきたいところです。

油汚れ、手垢、煤など、少し手をかけてあげれば、この個体はもっと本来の輝きを取り戻せるはずです。

1947年3月製造の刻印も、もう少し綺麗に見せてあげたいところです。

コールマン500

コールマン500には米国仕様、カナダ仕様いずれも初期モデルにはタンク底面にスタンプが押してあります。

オークション等で購入する前には、このスタンプを確認することで再塗装していないかの判別ができます。

オリジナルコンディションのコールマン500かどうかのひとつの目安が、このスタンプです。

コールマン500

今回入手したコールマン500カナダは分解整備してからショップに掲載する予定です。

ショップにはヤフオクやメルカリには出品していないレアなアイテム、取り揃えています。

-ストーブ

© 2021 Outdoor Fan